FC2ブログ

ノルディックウォーキング指導者講習会@利府町グランディ21

2009年03月08日 20:13

P1060306.jpg
今日、3月8日(日)利府町のグランディ21で
日本ノルディックウォーキング協会(JNWA)の指導者講習会に参加しました。


講師は同協会マスタートレーナーの伊藤義昭氏。
ノルディックウォーキング関係のHPや、書籍でもおなじみの方です。


私は日本ノルディックフィットネス協会の
インストラクター資格を持ち活動していますが
これまでとは、また違った角度でノルディックウォーキングを学ぶ
大変楽しく有意義な講習会でした。


また、この講習会を終了したことにより
JNWAのインストラクター資格を授与されることになります。


さらに、本日も、いつもノルディックウォーキングで
お世話になっている皆さんに加え、
松島や利府町、岩切、仙台などなど、近隣の地区で
ノルディックウォーキングを楽しまれている多くの皆さんと
出会うことができました。(やった!)



皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。
みやぎのノルディックウォーキングを、めいっぱい楽しんでいきましょうね!

P1060302.jpg
本日の講師、マスタートレーナーの伊藤義昭氏。


まずは座学。
フィンランド、そして国内のノルディックウォーキングの歴史。
ノルディックウォーキングの効用。
カロリー消費と運動強度。
心拍数について。
国内のノルディックウォーキング関連イベントの動きや事例。
介護の現場でのノルディックウォーキングの活用。
ポールの構造。
登山やスキーにおけるノルディックウォーキングポールの活用について。
ポールの長さの設定。
ポールのメンテナンスについて。
ラバーチップについて。
ポールの素材について。アルミとカーボンの違い。
グローブやシューズの選び方。


・・・おっと。最初の1時間の講義で聴いた内容を列挙するだけで
ずいぶんいろいろなコトを学ぶことができたんだなあ。


P1060307.jpg
午前中の実技。
ウォーミングアップはアイスブレイク的な要素が強い
楽しみながら行うメニュー。
ポールを手のひらや足の甲にのっけて、そのまま歩いたり、屈伸したり。
そしてみんなで輪になって、合図に合わせて「右、左」のポールをつかむ。
なれたら、「右はミカン、左はリンゴ」の合図で。
そうやって、アップ後歩くときに、参加者同士打ち解けることができるように
工夫するのだそうです。ナルホド!


もちろん、ポールを使って、バーベル上げのようなアップも
行いました。


P1060309.jpg
アップ後は、グランディから県民の森にかけて、みんなで
ノルディックウォーキング。
前後は2メートル以上は間隔をあけてぶつからないようにする、
おしゃべりするときは、自分のポールにつまずかないよう、
体は真っすぐをキープする。
周囲のウォーカーに配慮する、といったことを気を付けるよう
指導を受けました。


P1060311.jpg
お昼休み。
さまざまな雑誌にノルディックウォーキングが取り上げられている様子が
展示されていました。
昨年は、ノルディックウォーキングの全国的な広がりが、かなりあったそうです。


P1060322.jpg
ドイツのノルディックウォーキングに関する雑誌。
キオスク等でごくふつうに売られているそうです。(2.90€って書いてありました)
日本でも発刊されないかなあ・・・
ドイツ語勉強のため、取り寄せて訳すのもテか(無理???)


P1060310.jpg
午後は応用編。
2人ひと組で互いに胸の位置でポールを押しあう。
背中向きで片手ずつポールを押したり引いたりする。
あと、ウォーミングアップの応用で
ポールを「イチ、ニ、サン」の合図で片方が落とし、片方がつかむ。
同じく「ハイ」で落とす。
見つめあいながら落とす。
目をつぶって、つかむ人がポールを触りながら、無言で落とす。


P1060326.jpg
ポールを一定間隔に置き、
ふつうに歩く。そして手を大げさに振って歩く。
そうして歩幅が広がるのを確認する。


さらに、普通のスピードでNWした場合と、
スピード上げてNWした場合、
そしてポールを5㎝伸ばして(負荷を上げて)NWした場合。
それぞれの心拍数の違いを確認しました。
私は心拍計を装着していたので、
100→130→140と、明らかな違いを確認することができました。


以上、ざっと本日の講習会内容をご紹介しました。


なによりも「楽しむ」ということに着目し、
フォームがおかしい人には、みんなの前ですぐ指摘するのではなく
フリーでみんなが歩いている時に、さりげなく指摘すること。
生徒さんには大きな輪をつくり歩いてもらって
自分はその内径を逆回りに見本を見せながら歩く。
そうすれば生徒みんなから見える。
その際、説明するときは、サークルの真ん中に向かって話せば
みんなに聞こえやすい。
さらに、太陽の位置に気をつけ、生徒さんから見えやすいよう配慮する


初めてNWを体験する人が、まずは「楽しく気持ちよく」なるよう心がけ
次からも続けるキッカケを提供すること。
イヤにならないよう配慮してあげること。
ドイツでは、90%の人が、NWのフォームに問題があるが
(それだけNWは奥深く難しいスポーツだそうです)
すぐに指摘・コーチするようなことはしない。


本日の内容を思い出すだけで、ずいぶん参考になることが
イッパイありました。ちょっと読みづらかった方、お許しを。
でも、NWを楽しむヒント、気持良くイベントを開催するヒントが満載でした。
今後の松島NWでも、大いに活用させていただきます・・・
伊藤先生、グランディの皆様、どうもありがとうございました。


スポンサーサイト





コメント

  1. 嶺岸 昭 | URL | -

    ヤッターマン[i:63906]

    katuoさん やったねーポールのプレゼントありましたか?取り急ぎ携帯から訪問しました講習料は15.000円かな?先日松島で桁を間違えて1.500円と話したような気がしますでは明日、再訪問します(^^)/~~~

  2. katuo@NWチーム松島 | URL | -

    Re: ヤッターマン

    わざわざ携帯からのご訪問、どうもありがとうございます。
    日曜だけ休みが取れて、何とか出席できました!
    講習料は1万円でした。ただしポールプレゼントはありません。
    伊藤マスタートレーナーに、mineさんのお話や、
    宮城でイベントあるときはお手伝いさせてくださいと
    お話させていただきました。とても充実した講習会でしたよ!

  3. 嶺岸 昭 | URL | zLTxOIGE

    そうなんだよねぇ~(^-^)

    katuoさん おはようさん JNWA方式の講習会参加できて良かったでしょ…これでインストラクターとして幅が広がること確実!なによりもNWは楽しむことなんです(^_^)v伊藤マスタートレーナーの指導方法には自分も影響が大きいです(^^;)正直、自分に合っています。
    katuoさんも自分と同じWライセンス所持者になりましたね…21日の杜のNWのときに今回の講習のことを皆さんに披露して下さい!そして今後のNW普及に向けて意見を交換しようではありませんか!楽しみです!(^^)!

  4. katuo@NWチーム松島 | URL | -

    Re: そうなんだよねぇ~(^-^)

    何よりも、次につながるよう気持ちよく楽しんでいただく
    ・・・NWのような、誰にでもできるスポーツには
    大変重要な要素ですね。とても勉強になりました。
    JNFA&JNWA両方の良さをコラボさせて
    自分なりに楽しさを地域でお伝えしていきたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katuopancho.blog18.fc2.com/tb.php/236-376e196c
この記事へのトラックバック


最近の記事