スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和を考える季節に、自動車交通を考える

2009年08月16日 23:12

終戦記念日である昨日 8月15日
自動車がらみで、2件立て続けに
小さな「事件」に遭遇してしまいました(涙)


今日は、NWとはあまり関係ないテーマなのですが
「歩き」基本への発想転換や生活様式を模索する
きっかけにもしていきたいと思います。


・・・今日の記事は、つまんない?かもしれないので
お急ぎの方は「続き」は飛ばしてください(^.^)/~~~

「事件1件目」
近所の踏切にて。
踏切の手前には、国道45号が左右に走っています。
国道をわたる信号が青になったのですが
その先の踏切の遮断機が下り、停止車両が詰まっていたので
そのまま停止。


すると、後続車から、「パフパフ」とクラクション連発・・・
とうとうドライバーが降りてきて
ウチのクルマのウィンドウをバンバン叩き出す。
「踏切のすきまがあるだろっ。そこに進めっ」


そこに進んだら、ウチのクルマの後部が
踏切手前の国道を通行する車両に衝突されます。
ぐっとこらえつつも、あまりにバンバン叩かれたもんで
「どうして叩くんですか。通報しますよ」と告げるや否や
その車はウチの車の右のスキマをすり抜け、
国道へと走り去っていきました。


「事件2件目」
塩竈の有料駐車場に駐車し、戻ってみたら
これまたデッカイ傷(タテ20×ヨコ40センチ程度)が、
ノル松専用車のフロントバンパー部分に・・・


当て逃げ(すり逃げ??)されちゃった???。。。


ノル松専用車。
我が家のファーストカーかつオンリーワンカーの
フィット。もうすぐ8歳。


今までイタズラでタイヤ空気を抜かれたり、ミラーをぶつけられたり
小さなトラブルはあったものの
ウチの子どもたちには、小さな頃から「フィットさん」と親しまれ
大きな愛着をもちながら乗っているのですが、
今回ばかりは、ずいぶん無残な姿。






・・・とまあ、こんな感じで。
まさに、「ダブルヘッダー」でした(苦笑)


日常クルマを使っていると、
似たようなトラブルに遭ったことがあるという方も
いらっしゃるかも知れません。


これらの事件は、同じ日に、立て続けだっただけに
少々滅入ってしまいましたが、
「神の慮り(おもんばかり)」ということで
事件遭遇そのものは、前向きにとらえていきたいと思います。


それより心配なのが、
車の性能・スペックはどんどん向上するのですが、
それを操る「人間」が、それに対応できているかということです。


クルマって、時間も行き先も自由な分
なんでも自分の思いどおりになるって錯覚に
陥りやすい気がします。


逆に言うと、思いどおりにならないと
「なんで~???」って、イライラしちゃったりして。
本当は、クルマほど
時間が読めなくって、確実性の低い交通機関は
ないと思います。
運行ダイヤも時刻表もお天気自動販売機も無い中、
みんな自由に移動だもんね。


本来、クルマって便利で楽しい乗り物だと思います。
自分も青春?時代は、
中央フリーウェイや首都高、R16が青春ロードでした。
その頃のワクワク感を思い出しつつ、
仕事でも生かしたいと
昨年にはマイクロバスの免許(中型限定解除)も取得しました。


でも、クルマ社会の行く末って、結構心配で、
最近はあまり運転が楽しくなくなってしまいました。


みんなせかせかしながら、我先にって競争して、
「所要時間」とか「速度」とか
目に見える数字で損した得したで一喜一憂。
挙句の果てに、交通事故は一向になくならない上に、
クルマ頼りで、運動不足の不健康体質になったりして。


各地のまちづくりをみても、
成果が目に見えづらいソフト的事業よりも
カタチが見えやすい
ハード的な整備が歓迎される傾向が
見受けられますよね。


もちろんそれも必要不可欠ですが、
ハードをあやつる「ハート(heart)」をもっとあっためることも
まちづくりでは、大事なんじゃないかなぁって思います。


まずは、もっとのんびり、ゆっくり
「歩く」スピードで。
足もとの泉や、身近な幸せを、じっと見つめて。


無機質な機械に頼りすぎて
操作する人間までが目を△にした機械にならないように。


なんていうか、子どもも、そしておとなも
もっと人間が人間らしくなれるよう
お互いの気持ちや痛みがわかりあえるよう
社会の方向性を向けていかなきゃいけないと思うし、
自分としても、仕事や、休日のNW活動で
そんなことをひとつのテーマとして
取り組んでいきたいなぁって思います。


CA3D0085.jpg
あらららら・・・
何も、逃げないで、
保険で直してくれれば済むのになぁ。


自分も「前向き」には取り組みたいのですが、
なにぶん予算に限りがあるもんで・・・


ホルツのDIYにチャレンジかな?


それとも、チョイ悪なワイルドフィットを演出すべく
このままか???




「ジャ、ぺェアーン!!」


とりあえず、目先スカッとしたいときは
コレですかね?


特に、ボーカリストがこの方だと
曲がことさらパワーアップ↑↑↑しますね。



個人的には、ギタリストのdistortionサウンドと
ルックス(風貌と言ったほうが適か?)が
すごく耳に目に焼きつきます・・・(^_^;)
スポンサーサイト


コメント

  1. たぬちゃん | URL | -

    Re: 平和を考える季節に、自動車交通を考える

    車の傷はお気の毒でした。
    駐車場での当て逃げですね。
    僕も何度か傷を付けられていますので、その都度ホルツの補修液で、修理しています。
    車は便利ですけど「そんなに歩くのが嫌いなの」って思うことが良くあります。
    なにもそんなに、近くに停めようとしなくたって良いと思うのですが。
    もっと歩く楽しさを知って欲しいですね。

  2. katuo@NWチーム松島 | URL | -

    たぬちゃん様

    コメントどうもありがとうございます。
    DIYはあまり得意ではなかったのですが、
    この際やはり試してみたいと思います。

    従来もローカル線通勤はしているのですが、
    これをキッカケに、
    より一層、可能な限りクルマは使わず、ってのも
    試してみたいと思いますv-91

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katuopancho.blog18.fc2.com/tb.php/373-d9c783a8
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。