スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磐梯吾妻高原高地トレーニング教室(市民ランナー編)

2010年09月09日 20:37

1009azuma7.jpg
[夕暮れ前の一切経山を望む]


「NWの効果を試す」
「スポーツをもっと楽しむ」
「これからのNWをもっと楽しむ」



より充実したノルディックフィットネスに取り組むための
ノル松リーダー自主研修。

先月8月1日には、「NW編」に参加した磐梯吾妻高地トレーニング。
今回は「市民ランナー編」にチャレンジです。


1009azuma1.jpg

観光有料道路「磐梯吾妻スカイライン」
ライダー人気ナンバーワンを誇る、
眺望の素晴らしいドライブコースです。
スカイラインの景観を楽しみながら、浄土平に向かいます。




1009azuma2.jpg
集合時間前、浄土平レストハウスにて。
名物「米粉の薬膳五穀ケレーパン」で腹ごしらえです。




1009azuma3.jpg
午前の部は、浄土平~双竜の辻の往復。
合計10キロのロードランニング。
本日の講師は、松井(旧姓橋本)康子さん。
2003年ベルリンマラソン優勝の、素晴らしい実績を持つアスリートです。

約60名。多数の参加者でしたが、
松井さんは一人一人に、笑顔で話しかけてくれました。
「姿勢がイイですね!」と声をかけていただき、
とても嬉しかったです!




1009azuma4.jpg

午後は浄土平から鳥子平までのトレイルラン。
ほどほどの起伏。気軽にアプローチできる。
でも慎重にいかないと、結構足場の悪いところもある。
スリリングなトレイルランを楽しめる、とても心に残ったトレイルです。

自分は、ロードよりも断然楽しかった!!
天気も良く、緑とおいしい空気に包まれ、
思わず「伸び!!」




1009azuma5.jpg

可憐な高山植物と、赤とんぼ。




1009azuma6.jpg

プログラム終了後、任意参加で
浄土平目の前にそびえる「吾妻小富士」トレイルラン。
まるで月面着陸しているようなトレイルで、
爽快なパノラマトレイルラン!
8月のNW編で来た時には、
ここを一人でNWポールでのぼり、そして軽く駆けてみました。
何度来ても楽しいです。



1009azuma8.jpg

浄土平周辺が、このように空気が澄み渡って、
ガスもかからず、
おまけに写真のような「影富士」が見えることは珍しいそうです。

ことしは猛暑のため、涼みに来る人たちが増え、
磐梯吾妻スカイライン&浄土平の利用者は25%増しだそう・・・

天然のクーラーで、爽快なフィットネスを楽しむ一日となりました。

スポンサーサイト


コメント

  1. 福歩人 | URL | -

    Re: 磐梯吾妻高原高地トレーニング教室(市民ランナー編)

    磐梯吾妻高原高地トレーニング教室お疲れ様でした。
    前回はNW,今回はランナーとして度々の訪問ありがとうございます。

    何回行ってもいい所でしょう!!
    冬はクローズして行けませんが、春から秋にかけてそれぞれの景色が楽しめる僕のお気に入りの場所です。
    これからは紅葉の季節、山は9月下旬から色づきます。
    きれいですよ~

    写真どれもきれいに撮れていますね。カメラがいいのか、腕がいいのか(笑)

    松井さんにお褒めの声を掛けてもらい、よかったですね。
    写真の黄色い半そでシャツで、ゼッケン1番の方ですね。
    午後の部は体調がいまいち(産後)のため、ランはしなかったようです。

    いろいろ得ることはありましたか。
    今後もますますの活動を期待しています。
    長野でお会いしましょう。


  2. 福歩人さま

    ことしは桑折さん、そして安達太良に下見含め3回、
    そして浄土平に2回・・・すっかり福島ファンですv-47

    ランのほうは、まだ取り組み始めて数カ月ですが
    NWをやってきた効果を体感でき、本当にうれしく感じています。

    NWの周辺のスポーツを体験し、
    より一層NWの楽しさを追求する・・・
    今後もNWを核に、いろいろチャレンジしてみたいと思います。

    長野、盛り上がっていきましょー!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katuopancho.blog18.fc2.com/tb.php/579-91b6d541
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。