スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「塩竈神社門前町まちなみノルディックウォーキング」にご案内しました

2010年11月13日 18:15

101113wakashio1.jpg
歩いて登ることさえもためらう奥州一之宮・鹽竈神社の「202段」
そこをNW初心者の皆さんが、整然と、そしてスイスイラクラクと!!


本日は栗原市教育委員会さんからご依頼をいただき
若柳地区総合型地域スポーツクラブ設立プレ事業
「塩竈神社門前町まちなみノルディックウォーキング」

のイベント講師をノル松が務めさせていただきました。




前回7月4日に同じ若柳地区の皆さんから
ご依頼いただいたときもそうですが、
参考:前回7月4日の様子
今回も、これからご紹介する塩竈及び近隣地区の
NWインストラクターの皆さんの多大なるご協力をいただきました!


それぞれの先生方の個性あふれるフレンドリーなご指導で
若柳の皆さんは笑顔でいっぱいでしたし、
ノル松リーダーも役割に専念することができました!!


今日は25名の参加者が5グループに分かれて
塩竈を楽しくノルディックウォーキング!!


101113wakashiosatoh.jpg
佐藤早苗ベーシックインストラクター(塩竈市 左から2番目)
のチーム



101113wakashioendoh.jpg
遠藤祐子ベーシックインストラクター(塩竈市 左から2番目)
のチーム



101113wakashioaizawa.jpg
相澤正男JNWA公認インストラクター(仙台市 左から3番目)
のチーム



101113wakashiohoshi.jpg
星由華里ベーシックインストラクター(仙台市 左から4番目)
のチーム



101113wakashiohanzawa.jpg
半澤幸七ベーシックインストラクター(塩竈市 右端)
のチーム


本日のコースは、インストラクターの皆さんの写真にもあった
千賀の浦緑地をウォーミングアップ&スタート地点とし
シオーモの小径⇒マリンゲート展望所⇒港町公園
⇒しおかぜ通り⇒壱番館⇒県道北浜沢乙線(道そのものが博物館)

⇒そしてトップの写真にもありました鹽竈神社の表坂
「202段」の階段を
ラクラクポールでのぼっていただきました!

⇒神社裏坂⇒北浜沢乙線を戻り
⇒本塩釜駅アクアゲート口でクールダウン&解散。

101113wakashiomg.jpg
[マリンゲート塩釜の展望台にものぼりました!]

塩竈は港そして日本三景松島の島々が浮かぶ
海辺の景観。
そして鹽竈神社周辺の
歴史と文化の香り漂う門前町の景観。


さまざまな側面の顔をもつ
「まちなみノルディックウォーキング」にもってこいの
フィールドです。


若柳の皆さんは、本塩釜駅でNW終了後、
「マリンゲート塩釜」にご移動いただき、
塩釜の新鮮な食材を使ったランチと、お土産ショッピングを
それぞれお楽しみいただきました。


海・島・緑の景観と歴史・文化&食に恵まれたフィールドで
活動することができるノル松。
できるだけ多くの皆様に、
日本三景松島・塩釜のノルディックウォーキングの魅力を
ご紹介したいなあ・・・といつも感じております。


備品としてノルディックウォーキングポールをお持ちで、
イベントとして塩釜や松島でノルディックウォーキングしたいっ!!
という官公庁・体育関係団体・NWサークルさん等のご案内を、
ノル松では可能な限り対応いたします。お問い合わせください。





【参考】しおがまの「竈」と「釜」について

「塩竈」
現在、しおがまの正式な書き表し方です。
塩竈市の公用文でも使用します。

「塩釜」
一般的に(略式的に)使用することが
認められています。
また、広域行政などで「塩釜地区二市三町」のように
(塩竈市・多賀城市・松島町・七ヶ浜町・利府町)
広域的な「塩釜」地区を示すときにはこちらを使います。


※どうしても「竈」の書き方を知りたい方はこちら(笑)
(21画です…)


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://katuopancho.blog18.fc2.com/tb.php/609-23e37980
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。