スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝雪山登山・泉ヶ岳初登頂!!

2011年02月18日 06:17

110213izumiasa1.jpg

[ゼビオのエーックス!!]

先日の3連休の終盤、13日・日曜日。
スーパーゼビオスポーツ仙台泉バイパス店アウトドア館の
2階登山担当 三浦潤也さん 穂積敏昭さん のお二人による
早朝・泉ヶ岳朝練に参加させていただきました。

ゼビオアウトドア館さんによるブログ記事はこちら


私にとっては、宮城県人歴13年で、祝・泉ヶ岳初登頂でした。
しかも雪山スノーシューで…(笑)


110213izumiasa2.jpg
[出発前の泉ヶ岳スキー場 大駐車場]

ゼビオアウトドア館の三浦さんは
ノルディックウォーキングのインストラクター講習で
ご一緒させていただき、以降お付き合いいただいております。


同じ歳ではありますが、三浦さんは
宮城蔵王ガイド協会にも所属し、
しかも、山岳遭難防止救助のプロでもあります。
私がリスペクトする、山の師匠です。


そして、穂積さんもアウトドアや登山・トレッキング、
そして環境問題にも精通する業界のプロ。
お店に伺うたびに、
幅広い経験や知識を惜しみなくアドバイスしてくれます。
同じく私がリスペクトする、山の師匠です。


登山やアウトドアのことなら、
ゼビオアウトドア館のこのお二人を
ぜひ訪ねてみてください。
ちなみに、アウトドア館は、
さまざまなメーカー・ブランドの
ウェアやアウトドアグッズが豊富にそろっている
東北でも有数のショップです。



110213izumiasa3.jpg
[泉ヶ岳山頂にて 穂積さん(左) 三浦さん(右)]

6:00に泉ヶ岳スキー場の大駐車場に集合し
6:30出発。

水神コースを進み、
水神までは、ほぼ雪が踏み固められた登山道を
つぼ足で進みます。

ここまでは、「オレでもついていけるなぁ」と
ややルンルン気分(笑)
命運を分けるは、水神から先だったのです…



110213izumiasa4.jpg
[吹雪の山頂付近 登山下山中はテンパってて写真なしです(^_^;)]

水神碑で三浦さん穂積さんはカンジキ装着。
ノル松はスノーシュー装着。

お二人はさすがプロ。
カンジキの装着が早いです。

しかも、三浦さんは、
コンパスと地図を取り出し、
しっかり位置と方角を確認。
たとえどんなに慣れ親しんでいる登山道でも
ルートファインディングを怠らない。

そして穂積さんは
ブドウ糖を補給し、私にも分けてくれます。
そして外気温確認。
出発前には、私に地図携行のチェックもしてくれました。

お二人のプロ意識を、間近にひしひしと感じます。


水神から先は、結構な急斜面!

賽の河原あたりでは、
スノーシューで踏ん張っても、
みるみるうちに積った新雪が崩れていき
前に上に進まない!

「しっかり前足から踏み固めて、一歩を確実に!」
穂積さんからのアドバイスが響きます。


ところどころは、展望の開ける尾根も。
でも、なぜか樹林帯の東側にロープが。
ロープの東外側歩くと、なだらかな斜面が広がり
歩きやすそうなんだけど…

「このロープの先は雪庇があるから、
誰かがロープを結んでくれているんですよ」と、三浦さん。

そ、そうなんだ~
わからないで進むと、危ない!
三浦さんの適時的確な事故防止のアドバイスです。




110213izumiasa5.jpg

8:25 ノル松リーダー人生初の泉ヶ岳登頂!
しかも、厳冬期にスノーシューで!!

やっと宮城県人になれたかな?という気分。

それはともかく、
こういった場所に来れたのも
お二人のおかげ!
穂積さん、三浦さん、朝練に誘っていただき
本当にありがとうございます。

下りは、トレランばりのスピードで
カモシカコースを進む。
…というより、スノーシューの私は
またまた足元を踏み固められず、
カモシカ中腹までシリセード(尻すべり)で下山。
ブレーキは背面とザックで、そして全身。

そんな下り方をしているから、
小さな雪崩を引き起こしています。
一方、師匠お二人はカンジキで淡々と下る。

カンジキとスノーシューの機能性の違いがあるかもしれませんが、
やはり鍛練の違いもあるのでしょう。
勉強になるなぁ~

早足で小1時間。泉ヶ岳の大駐車場に無事到着。
スピードを上げての移動で、全身フル活動!
登山で使う筋肉や頭脳は違うのだなと実感。
身を守る謙虚な判断能力、そして勉強も必要~
ノルディックウォーキング活動にも、タメになります。


登山の経験値は、まだまだこれからで、
師匠お二人の足を引っ張っていたかもしれませんが、
一方で、やっぱりノルディックウォーキングをやってて
良かったなぁ~とも感じます。
中高生時代は、運動が苦手だったので、
そのころからすれば、登山は遠い存在でした。
ノルディックウォーキングを通じて
無理なく心地よく、体力アップを図れるのですね!

帰り道は、「明日の湯」に3人で入浴。極楽~
そして師匠お二人は、職場に出勤!
前日だって仕事で夜遅かったのに、すごい体力です。
忙しいのに、そこまでして
「朝練」の時間を捻出しているのですね…心打たれます。


改めて…
お二人の師匠に、心から感謝!
本当にありがとうございました。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://katuopancho.blog18.fc2.com/tb.php/670-f66cb484
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。