スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nordic★DASH!がもたらす効果

2012年07月04日 06:08

20120630kaneyama-P1180999.jpg


Nordic★DASH!の練習(らしきこと)を数回やってみて、
少しわかったことがあります。


20120630kaneyama-P1190003.jpg



約100メートルの斜面を
ノルディックポールを押しながら走るということは
確かにツラいです。


さらには、日常生活において心拍管理等が必要な方には、
そして身体のどこかに痛みや調子が良くないところがある方には
十分注意を要する面もあります。




さて、Nordic★DASH!がもたらす効果ですが…


【その1】
ノルディックウォーキングの際、
ノルディックポールを後方に押し切る
「フィットネスレベル」の習得につながる。良い練習になる。
ということです。


ポールワークの習得時、のぼり斜面でやってみると
体感的にわかりやすいこと、ありますよね。


ポールランニングでも、同じ感覚が得られます。
そして、後方に押せば押すほど、ラクに走れる感じがあります。


フィットネスレベルで体を完全にポールで押し出すことが
Nordic★DASH!でのポイントになると思われます。


主催者さんであるJNFAブログの記事でもお話があるとおり
前半は走力で進んでも、後半はキツい斜面なので
ポールワークでのぼるパワーが求めらるようです。




そして、Nordic★DASH!がもたらす効果…


【その2】
ポールワークと足運びとのコンビネーション、
タイミング合わせの勉強
にもなります。


足が着地する瞬間と同時に、ポールを突くべきなのか。
足の着地の一瞬前に、ポールを突くべきなのか。


まだまだ模索中です。




さらに、Nordic★DASH!がもたらす効果…


【その3】
ポールさばき、そのものの練習になること。


足と腕の回転が非常に速くなることもあり、
ポールを前に出す⇒突く⇒後方にきちんと押し切る
といった一連の動作をしっかりまわさなくてはならない。


そして、気を抜くと、ポールの動きがゴタゴタになり、
脚で走るだけではなく、常にポールの動作を
意識する必要がある…


よって、NW動作のさらなる習得につながるのではと感じます。


前述のJNFAブログにも登場している
Nordic★DASH!事務局さんである橋達之BIからもお話があったのですが、
ノルディックウォーキングの源流となっている
クロスカントリースキーのフィットネスレベルのポールワークを
きちんと習得する絶好のチャンス
であります。


上位を目指す選手のように、100%ダッシュし、
最大心拍数スレスレの状態に、
絶対しなければならないということでも、ないんじゃないかなぁ。


ノルディックウォーキングの「フィットネスレベル」を体験し、
みずからの技術を再点検してみる、という意味で
スピードや順位にこだわらず、
気軽に出場してみるという考え方もアリ!だと思います。





もちろん、私自身、上位を争うようなレベルにはないです。




ということで、カッコつけて言ってしまえば…



自分の限界を打ち破るために出場するのだ。

最大のライバルは、今の「自分」じゃ~





…なんちゃって。(笑)


↑おんなじこと、大会後もエラそうに
言えるような結果になっているのかは「クエスチョン??」




Nordic★DASH!のエントリーは7月9日(月)まで可能です。
もしよろしければ、ご検討ください。
(迷ったら、まずはチャレンジしてみませんか?)



もちろん、金山町の緑の自然と、美しい町並み景観を楽しみがてら
DASHを見学してみるのも良いかもしれません。
(私は恥ずかしいので、サングラス&ウェアで身を隠します…笑)


★本日も★ご覧いただき★ありがとうございます★★★


スポンサーサイト


コメント

  1. まっくり | URL | -

    参加レベル

    カテゴリーの細分化を望みます
    中年向け50mがあれば参加してみたいですね、

    それも人数が増えないと駄目だろうから、今年は・・・さん・・・見学してみます。

  2. ノル松リーダー | URL | -

    Re: 参加レベル

    > まっくりさん

    おぉ、イイですね!カテゴリー分け!!
    俺たちの年齢って、トレランとか、どんな大会でも
    微妙に若者カテゴリーにギリ組み込まれますからね…(汗)

    FBのぞいてみてください。私のDASHに関する投稿に
    すっごく参考になるアドバイスをいただきました。

    単に速さや瞬発力だけでは無い…
    30秒をこえる斜面との戦い、
    そして勝敗を分けるポールワークが、そこにある。

    ひょっとしたら、俺たちにも十分チャンスありかもよ~
    まっくりさんも、ぜひ!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katuopancho.blog18.fc2.com/tb.php/930-412e6934
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。