スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉ヶ岳トレイルラン40km デコボコ道の参戦記録

2012年10月06日 21:25

スタートIMG_4481-2
Photo/M.Aizawa

このレースの上位~中位の方には
まったく役に立たない内容です
(笑)


2012.9.30(日)
泉ヶ岳アウトドアスポーツ2012
トレイルラン40kmの部 
ノル松リーダーの参戦記録です。


「やや後方~制限時間ギリギリのゴール」を目指す方は、
よろしければご覧くださーい。


[追記]
※jamさんがコメントにて
専門的観点から素晴らしいアドバイスを
記載してくださいました。
jamさん、ありがとうございます!
ぜひぜひご参照ください。


IMG_0499.jpg
まずは私の記録から

記録 7時間12分45秒
総合順位 137位(244人中)
部門順位 123位(213人中 男子の部)


朝3時起床、朝食とニューハレテーピング。(ひざ・かかと)
4:50 自宅から出発
6:00 会場到着


準備中に、ノル松のメンバーが応援に来てくれました!
トレランのスタート後、泉ヶ岳山ろく周辺を
ノルディックウォーキングするそうです。
ホント心強い!うれしいですね~心から感謝です!!


自分は、おととしは7kmの部。
昨年は28kmの部出場。
ことしは初の40km出場なので
ウォーミングアップはNWで軽めにとどめる。
合い間にゼリーやアミノ酸を摂取しておきました。


7:45スタートラインへ。
ノル松の仲間の皆さんがにこやかに見送りに来てくれました。
写真も撮っていただき、記念になって本当にうれしいです。




コースへIMG_4486-2
Photo/M.Aizawa

8:00スタート!!
前半はキャラバンクラブ仙台店のスタッフSちゃんと
ほぼ一緒のペース。
ゲレンデを登り、林間を降りていきます。


やがて水神コースの登山道に出ます。
水神までは走ったり、歩いたり。
水神から山頂までは斜度と路面がハードになるので
ほぼ歩きになります。


NWのフォームを思い出しながら登ると
不思議とチカラがでます。
NW効果ですね!
登りの歩きなら、ノルディックウォーカーとして
グイグイ進める感じです。歩きですけど。


9:01泉ヶ岳山頂 到着

スタート~泉ヶ岳間
目標⇒50分
本番⇒1時間1分

目標に、ゲレンデ~林間コース間を考慮に入れてませんでした。


泉ヶ岳~三叉路までは緩やかな下りもあり
比較的走ることができます。
やがて登りがきたところで、三叉路。
そしてさらに登り続けて北泉ヶ岳山頂に到着。


北泉ヶ岳からの下りはとても急。
路面もハード。
下りに自身のない私は、
何人もの選手に道を譲りました(笑)


下りは、私の苦手としている
「バランス感覚」「反射神経」が
求められている気がします。


長倉尾根に出てAID1に到着
A1前後は緩やかな登り下りと平坦なコースで
割と走ることができました。


やがて三峰山への急な登りが始まります。


10:57三峰山頂 到着

泉ヶ岳~三峰山間
目標⇒2時間10分
本番⇒1時間56分


私を初めて泉ヶ岳山頂に連れて行ってくれた
(しかも雪山の季節に)
登山の師匠・ゼビオスポーツ(エルブレス長町)の
三浦さんがスタッフとして居てくれました。
少し会話ができて、とても勇気付けられました。


三峰山~後白髪山間は
ゆるやかな下り~平坦~そして登り。
まあまあ走れました。


かなりガスっていましたが、時折合い間に
船形山系の絶景がチラホラ。
紅葉は始まっている感じ。
「いや~イイ景色だ~。来た甲斐があったなぁ~。」
というランナーの声も聞こえました。


11:32後白髪(うしろしらひげ)山頂(15km地点)到着

三峰山頂~後白髪山頂間
目標⇒40分
本番⇒36分


ここからはAID3まで、ひたすら下り。
しかもはじめは、とても急な、そして
くるぶしまでつかるような
ぬかるみの下り路面。


そして、毎回のことですが
左ひざの痛みが少しずつ現れてきました。


12:04AID2(17.5km地点)到着

後白髪山~AID2間
目標⇒30分
本番⇒29分

今回は気温が高め(15~20度くらい)だったので
1リットル積んでいた水がほぼなくなりました。
お願いして、水を補給させていただきました。


そして菓子パン2個、ゼリー、コーラを補給。


オレ、欲かいちゃった(笑)
菓子パンは1個にしておけば良かった…
このあと、しばらくお腹が重たい感じで走ることに。


AID2からは、大き目の砂利がゴロゴロした林道。
ソールが薄い、ハダシ感覚のシューズの選手は
ちょっと辛かったでしょう。


たまに現れる登り道以外は
基本、ランニングスタイルを保ちました。
多分カッコ悪いスピードだけど…


13:45AID3(31km地点)到着

AID2~AID3間
目標⇒1時間40分(8km/hペースで)
本番⇒1時間43分


A3で、みそおにぎり、でっかい梅干し、
チョコレート等をいただきました。


左ひざの痛みが本格的になってきたので
水をもらい、ひざにかけました。


ここからは「ふるさと緑の道」


最初は登り坂やら登り階段ばかり。
去年の28kmでもココを通りましたが
そのときは、登りに出くわすたびに「ガックリ」ときました。


でも、ことしは覚悟ができていたせいか、
はたまた、前日にノル松仲間がココをNWしてくれ
道を踏んでおいてもらったおかげか、
あまり苦痛を感じることなく通過することができました。


まぁ、実際ラクってことはないですが。
苦しさは、昨年よりかは低減しました。


やがて自然歩道が終わる頃に
AID4到着。


左ひざが本格的にイタ~イ!!!
A4でも水をいただき、
左足にかけまくる。


かけすぎちゃって、
左のシューズの中にも水がビチャビチャ。


今回は訳あって、ゴアテックスのシューズなので
一度中に入った水は外に出ません。


IMG_0502.jpg
実はココでシューズの話なのですが、
当初、モントレイルの「マウンテンマゾヒスト2」を
準備していました。(上)


ところが、前週の約20kmの試走の際、
それまで感じたことがなかったのに
15kmを過ぎたあたりから
両足小指外側が当たって痛いことが判明。


シューズって、どんなに試し履きしても
実際のフィールドでは、感覚が異なるんですよね…
距離によっても異なるし。


NWインストラクター名乗っていても、
シューズ選びばかりは、なかなか「コレ」って言える
ものがありません。




IMG_0500.jpg
ということで、
新しいシューズを新調したって
1週間前では履き慣らしもできないので
2年前に購入した、やや重い、軽登山系の
モントレイル「AT PLUS GTX」を使用しました。(上)


痛みと軽さをとるか、重さと快適さをとるか。
⇒後者を選びました。




IMG_0501.jpg
AT PLUSはソールが減っているところもあって、
それが後半の転倒数回につながったかもしれません。


しかもゴアテックスなので
靴の中にぬかるみや水が入ると
外に水分が抜けません。


気温高めの時期のシューズは
やはりメッシュの方が良いのかな~??


いずれも基本的な失敗として、次につなげたいと思います。




さて、話を戻しまして
AID4からゴールまで残り4km


ひたすら砂利道の林道です。


残りわずかとあってか、あるいは疲労もピークなのか
すでに歩き始めている選手も多かったです。


自分はカッコ悪いトロトロなペースでも
ランニングスタイルは最後まで貫こうと思い
歩かないよう痛みをこらえて走りを保ちました。


ふるさと緑の道 9km区間 ゴールまで
目標⇒1時間30分(6km/h)
本番⇒1時間22分


ゴールでは、スタッフの皆さんの大声援。
どの選手も盛大に迎えられます。




IMG_0493.jpg
7時間12分54秒


初めての40kmトレランの旅。
ツラかったけど、ひざが痛かったけど
なんだかあっという間の出来事のようで
とても楽しかったように思います。


ご声援いただいた皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます!!!


また、NWを通じ親しくさせていただいている
アウトドアショップの皆さんが
随所にスタッフとして立っていただいていたことにも
勇気付けられました。NWやってて良かった!


最後は、選手プレゼントのトン汁をいただき、
痛い左足を引きずって、ヨロヨロとマイカーへ。
着替えて記念Tシャツ購入。




IMG_0485.jpg
「装備」
☆モンベル ランナーパック15リットル
⇒自分はルーファスと、アークテリクスAerios10も持っていますが
今回はモンベルがイチバンぴったりと
フィットした感じがしました。
15リットルも入るので、ひもでギュッと小さく
ザックを絞り込みました。

☆ハイドレーション1リットル

☆ジェル4本+予備1本をパッキング

☆ウィンドブレーカー上下(薄手)

☆救急セット(最低限)

☆クマスズ、車のキー、ケータイ


「ウェアリング」
☆キャップ(頭を数回木にこすり、けが防止に役立った)

☆アイウェア⇒OAKLYのFLAK JACKET 調光レンズ
(フィッティング最高です!ラクに走れました)

☆アディダスのTECK FITスリーブレスアンダー

☆パタゴニア ハーフスリーブ

☆マウンテンハードウェア ラン用ショーツ

☆NW用指抜きグローブ
⇒オススメ 岩場や木につかまるとき、転倒時の衝撃緩和、
そしてエイドで食料飲料をいただくときに便利

☆アームウォーマー(熱い時は手首にまくる)

☆タイツ SKINS A400
⇒ひざテーピングの上に着用




東北では貴重な、素晴らしいトレラン大会。
主催者やスタッフの皆様にも本当に心から感謝です。


来年もぜひ出場したいです。
できれば、6時間台前半に入れるよう
努力してみたいと思います。



☆本日もご覧いただき、ありがとうございました!!!☆
☆トレラン出られるようになったのも、NWのおかげ!!!☆
☆長文にお付き合いいただきありがとうございました!!!☆


スポンサーサイト


コメント

  1. たけ | URL | -

    お疲れ様でした!ね!

    楽しくというかすごいなーとかんがえながら読ませてもらいました!
    ナイスファイト!
    挑戦するこころがすばらしい!

  2. どら | URL | 0uLC0/Kw

    こんばんは(*^^*)
    お疲れ様でした。
    40キロメートルのトレイルランニング、
    過酷そうですね。
    私は、過去に40キロ+αの距離を、
    夕方から朝方に掛けて(5キロ位の荷物を背負い)歩いた事がありますが、
    マメだらけでした。
    足腰、大丈夫ですか?

  3. Jam | URL | aKyWPzmU

    Re: 泉ヶ岳トレイルラン40km デコボコ道の参戦記録

    楽しく拝見しました〜
    来年は一緒に行きましょう!!


    んで、
    気になる事が2点ありましたので、

    1.17.5kmのAIDで水の補給(早すぎデス)が、お腹が重くなった原因と考察できます。
    ・スタート前にある程度(500ml〜1L近く)の水分摂取
    ・各エイドでも水分を150ml〜200mlを摂取
    なんて事なら尚更です。
    ロードで1時間/10kmと想定しても最大で500mlに留めるべきなのです。
    成人男性なら、
    これ以上の水分摂取は消化吸収が出来ないので、胃や内臓に残ります。
    コレが原因で食べた物も消化吸収出来ず体内のPHバランスも崩れ、
    Na,k,cl等の電解質をいれても同様に水分が邪魔をして吸収出来ない。
    そして、ドンドン体調を崩します。
    アジアやアメリカがスポーツドリンクや水分の摂取を促していますが、
    オリンピックを見ても分かるように、アジアやアメリカが
    長距離、短距離共に成績を残せない理由の一つと言われ始めています。

    最近出た、エビデンスでは、
    喉が乾きを訴えた時に水分を摂取しても遅くないと発表もありました。
    更に、
    100kmを走る時に、電解質の摂取も日常の摂取量でまかなえる報告があり、
    走行中の摂取は必要ないと発表が出ています。
    でも、モチベーションやテンションを高めるために摂取する事は推奨していました。

    更に更に、
    コレを見た方や斉藤さんが、
    体重の2%がスグに減少して脱水になる〜
    と思われるでしょうが、問題ないそうです。
    (酷ければ体重の6%が減っても大丈夫と記載がありましたが、、、)
    ・体重の減少分を水分で補ってもエネルギーにはならない。
    ・水分補給では胃や内臓も動かない。
    (コレはジェルも一緒です。)
    と分かっているので、
    エネルギーの補給と固形物の摂取して常に胃や内臓を動かしていた方が遥かに良い。
    と言う事です。
    この内容で、有名なトレイルランナーが100kmで好成績を残しました。
    (電解質はエビデンスを外れて摂取しています。)


    2.コンプレッションとテーピング
    一緒に使用してはいけませんよ〜
    テーピングの上にコンプレッションなんて、、、
    膝が早く痛くなるだけです。
    テーピングは揺れの防止と予防がメインです。
    コンプレッションは名前の通り、締め付けです。
    ニューハレを使用していれば、緩めて貼っているはずです。
    緩みがあって、膝関節の稼働域の抵抗を無くします。
    テーピンングポジションが膝や靭帯の揺れ防止です。

    その上に締め付けるコンプレッションをしては、
    この弛みも揺れ防止も無駄になるばかりか、過剰な締め付けが原因で
    膝関節の動きをかなり抑制していたはずです。
    この締め付けと抑制が痛みの原因になっていると言われ始めていて、
    コンプレッションウエアがリタイアを増やし始めています。
    使うなら、どちらか片方だけですよ!!


    長文で失礼しました。。。

  4. ノル松リーダー | URL | -

    Re: お疲れ様でした!ね!

    > たけちゃん

    たけちゃんのスポーツイベントの企画運営力にもリスペクト!!

  5. ノル松リーダー | URL | -

    どらさん

    靴の設定がなかなかうまくいかず、
    最後にはやはりマメができました。

    まだまだ研究することがいっぱいです。
    体力バランス力増強も含め…

    NWで鍛えなおします!

  6. ノル松リーダー | URL | -

    jamさん

    > 楽しく拝見しました〜
    > 来年は一緒に行きましょう!!

    はい、ぜひぜひ。

    本当に勉強になりました。

    今回いただいたコメントは、今後たびたび読み返したいと思います。
    水分摂取のこと、テーピングとコンプレッションタイツ併用のこと…

    まだまだ勉強することいっぱいです。

    今回のアドバイスをもとに、
    次回はもっとラクに楽しくタイムを伸ばせるよう
    ガンバリます!!ありがとうございます!

  7. ジャワネットなかた | URL | -

    お疲れさまでしたネ!

    自分もトレッキング参加予定でしたが、父が亡くなり急遽キャンセルし現在喪に服してますが七七日すぎましたらNW活動再開します。
    来年自分もトレイルラン参加します。大好きだった父の思いを込め、
    まあ色々考察しますが、装備+体力+精神力でがんばります?

  8. ノル松リーダー | URL | -

    Re: お疲れさまでしたネ!

    大切なお父様がお亡くなりになったとのこと…こころよりお悔み申し上げます。

    部門によっては、トレッキングプラスαの感覚でも出場できますので
    ぜひ来年は泉ヶ岳で活動しましょう!

  9. ぽんぽこ狸 | URL | -

    Re: 泉ヶ岳トレイルラン40km デコボコ道の参戦記録

    まったく 立派な方です。
    自身の体を上手に使って楽しんでいますね。
    応援に行かずにごめんなさい。
    また 次回も頑張ってください。

  10. ノル松リーダー | URL | -

    ぽんぽこ狸さま

    いえいえ、まだまだなのです・・・(^_^;)

    でも、泉ヶ岳には随分通って、とても親しむことができました。
    来年はもうちょっとイイタイムがでるようガンバリますっvv

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katuopancho.blog18.fc2.com/tb.php/983-89cfac57
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。